HOME

 商店街や街の中でみかけるのぼり旗。
看板と違って歩道に設置されているせいか、目に飛び込んできますよね。
また、風にひらめくことで、アピールの効果も大きいような気がしませんか。
動きのあるものを人は追いかける習性があるようです。

余談ですが・・・
男性とのデートの際におすすめのアクセサリーは揺れるピアスなんです。
揺れるものを追いかける習性があるので、
男性もなんとなくその女性を目に捉えてしまうそうです。
自分の存在をさりげなくアピールする裏技かもしれませんよ。

あまり意識することなく目にしていますが、実はいろいろ奥深いものなんです。
サイズや細部などこだわりがいいろいろ。
単に通行人として歩いて見ている時はそれほど意識していないかもしれません。
ですが、実はデザインも様々あります。
これからのぼり旗を作ろうとしている人も、雑学として知識を広げたい人も、
のぼり旗のあれこれちょっとかじってみませんか。

のぼり旗は一つの広告です。

すっかり見慣れた感のあるのぼり旗ですが、
現在は効果的な販促アイテム・広告アイテムとして再注目されています。
ものサービスを売る以上、広告がないと何もはじまりません。
商品やお店の存在を知ってもらって始めて、その後の販売につながるのですから。
広告というとチラシやポスターのようなものを想像するかもしれません。
ですが、のぼり旗はお店に近い場所で大きくアピールできる、数少ない広告の一つです。

広告はいろんな広告の形があるでしょうが、のぼり旗ほどわかりやすく、
さらに安いものはないのではないでしょうか?
経費をいかに効率よく使えるかも経営にとっては重要なこと。
また、デザインも多様で、ケースによってアレンジしやすいのものぼり旗の特徴です。

そう考えていくと一回やってみることに意味はあると思います。

NEXT

「のぼり旗の用途」へ→→→