名称

 のぼり旗の部位として目につくものといえば、のぼり旗と棒をつなぐ部分。
これを業界用語で”チチ”といいます。
”チギリ”や”ループ”、”テープ”などと呼ぶ場合もあるようですが、
多くのメーカーが チチと呼んでいます。
不思議な名称ですよね。

チチ

犬のお乳のように並んでいることからそう呼ばれているという説があります。
のぼり旗自体を犬の胴体のように見立ててみると、確かにうまい名づけの仕方ですよね。

のぼり旗と犬だなんて、まったく無関係なものなのに、そんなところに
由来があるだなんて、 物の名前って面白いものですよね。

一般的には左側につく左チチが一般的ですが、メーカーによっては
希望を聞いてくれるところもあるようです。

のぼり旗に描くデザインの都合によって変更したい場合は相談してみましょう。
文字入れや写真の配置によっては向きを変更したい場合もあるでしょう。

端を広く使いたいなど。
最近はこうした細部の変更を受けてくれるショップがほとんどです。

デザインの変更

デザインだけでなく、のぼり旗自体の仕様も多種揃えているところがほとんどです。
より自分のお店に必要な形が作れるようになっています。
こうしたアレンジができるのは嬉しいですね。

玄人を気取るなら、「チチの位置は・・・」なんて言ってみるのも
面白いかもしれませんね。

業者のも、「おっ!」と一目置かれる交渉ができるかもしれませんよ。

NEXT

「サイズ」へ→→→