サイズ

のぼり旗には一般的なサイズとして、横60cm、縦180cmという
ものがあります。

 

これは実際に設置すると人間の目線よりも高く、自動車などにも
さえぎられることなく見えるサイズです。

一般的なサイズ

私達が街中で目にするのぼり旗のほとんどがこの大きさだと
考えてよいでしょう。

 

しかし、現在では用途が多様化していることもあり、
小さなものから大きなものと沢山のバリエーションが できてきています。

 

設置する場所や周りの環境に合わせて適したサイズを選べるように
なりました。

 

具体的にいうと、 道路に設置する場合でも、歩道が狭いような場所や、
店の壁と並行に設置するようなスペースが狭い場合には、 一般的な
60cmより小さい45cmというサイズも人気があります。

 

60cmだと道路に大きく飛び出してしまったり、店の入口を
塞いでしまうような場合には、この45cmが使いやすいでしょう。

 

また、幾つか並べて使いたい場合にも45cmがおすすめです。
それぞれが重なりすぎることなく置くことができます。

 

また、最近ではお店のカウンターにディスプレイのように使われる
ミニサイズののぼり旗もよく目にしますよね。

小さいサイズ

お寿司屋さんやファミリーレストランなどでよく目にするかもしれません。

 

イベントの告知にピッタリですし、のぼり旗ならではの賑やかな
雰囲気が出せます。

 

のぼりには、その形や雰囲気自体に賑やかなイメージがありますよね。
ですからイベントや告知にのぼりを使うだけで、
そうした雰囲気を醸し出すことができるように思います。

 

このように、サイズが増えたことで、ますますのぼりの出番が
増えたのではないでしょうか。

 

こうしたサイズのバリエーションが増えたことによって、
のぼり旗の特徴をさらに活かした使い方ができるようになっているのです。

NEXT

「縫製」へ→→→