旗を使う効果を考えてみよう!

J1リーグの試合を盛り上げたいという場合には、どのようなポイントに注目したらいいのでしょうか。

その際のポイントの1つとしてあげられるのが、のぼり旗を活用するというものです。
のぼり旗を使うことで、文字を使って試合を盛り上げることにつながっていきます。

またのぼり旗を活用するメリットの1つが、手軽にできて目立つという点です。
応援するうえでは、目立つものがあったほうが選手側にも
注目されていることが伝わります。

目立ちやすい

手拍子で応援は十分と思っていても、誰を応援したいのかという点が見えてきません。
声援を送りたい相手に伝わるようにするためにも、文字でアピールできる旗の存在は大切です。

実際に旗を使って応援するときのマナーは、どこで掲げるのかという点です。

例えば最前列で掲げると、後ろの人が見えにくくなって迷惑です。
通路などのスペースを使うなど、周りへのことも考えて応援することを
忘れないようにしましょう。

地元企業で盛り上げよう!

J1リーグの応援を盛り上げるためのポイントの1つが、地元企業が
積極的に参加しているのかという点です。

地元企業が応援することによって、地域が一丸となって盛り上げることにもつながっていきます。

例えば「がんばれ!アルビレックス新潟」のようなのぼり旗があることで、
地元で盛り上げやすくなるのです。

実際に「がんばれ!アルビレックス新潟」というのぼり旗を作るポイントの1つが、
どのようなデザインにするのかという点です。

製作のポイント

文字数が多い場合、小さな旗にすると文字が読みにくくなります。
文字のフォントによっても読みにくくなるので、字体にも気を使いましょう。

遠くから見ても見やすいように色やデザインを工夫していくことが大切です。

地元企業で盛り上げていくための基本が、チームカラーなどを
参考にしながら、旗を作っていくという点です。

また旗を作る効果には、地元企業は地域に密着しているというアピールという側面もあります。

NEXT

「縫製」へ→→→