変わった形にする利点

形を変えることで、目立つのぼり旗を作れます

費用対効果の高い宣伝方法として今も活用されているのがのぼり旗です。

風でひらめくことで自然と視線を集めますし、置くスペースが小さくても
良いので死角を作らずに多方向へアピールできるメリットがあります。

 

のぼり旗のデザインによって使い分けも出来るので、常にタイムリーな
内容の宣伝をお客様に届けることができます。

作成には自分たちでデザインを考えて、それを元に作ってもらうことも
可能ですのでオリジナルで作れます。

目立つ

 

また、イメージを伝えて一緒に作り上げていくこともできますから、
難しいことはありませんので誰でも利用できます。

こだわりを実現するには色やのぼり旗そのものの形も重要ですが、
決まりきった長方形だけでは差別化できません。

 

そこで大きさだけではなく形も個性的にすることができることは
大きな強みになります。

さらに見た目のインパクトだけではなく、機能面でもプラスになる旗の
形にも仕上げられます。

 

それに対応して作成できて、かつ料金も追加が負担にならないことは
見逃せません。

 

印象アップと耐久性の一石二鳥

のぼり旗の印象として、下の辺の片方が丸くカットしているRカット縫製は
利点が多くあります。

まず見た目の印象から丸みがあることで、温かい優しい印象になります。

 

女性をターゲットにしているとか、ゆったりが売りとか、くつろぎなどを
伝えるにはお勧めです。

さらに機能としても耐久性に優れているのがポイントです。

変わった形

 

のぼり旗は風に揺れるときに下辺のポールではない側に負荷がかかります。

そのうえ、下辺は人や物などに絡まりやすくて摩擦なども起こりやすいです。

 

その為、ほつれたり劣化が出るのも、その部分からというケースが多いです。

それを丸くカットしてあるRカット縫製にすることで、のぼり旗の劣化
しやすい部分をカバーすることもできます。

 

印象と実益の両方でメリットがあるのがRカット縫製で、作成に別途金額は
かかってもそれ以上の効果が期待できます。

他のカット方法でも、印象の違いが意外とあるので幅広い目的をかなえる
ことができるのがのぼり旗の宣伝方法です。

NEXT

「縫製」へ→→→