ポンジーののぼり旗

のぼり旗の制作は、思い通りのデザインを実現しやすいこと、しかも
薄くて軽くて丈夫であることなどが、制作する上で安価なことが必要条件になります。

それだけでなく、傍から見たときに綺麗に風になびいている光景が目撃されること、
更には雨が降った場合にも水をよくはじくタイプであると良いです。

それを実現する上で最適な生地がポンジーであり、世の中の店頭でも
数多く出回っている生地の素材になります。

素材にはポリエステル繊維の仮撚加工糸で平織りにしたタイプになり、
手触りにも優れた特徴を持っています。

京都のれんで依頼を受ける場合にも約9割が、このポンジーを利用したのぼり旗になり、
コンビニやお弁当屋、スーパーなどでも見かけることが可能です。

のぼりを見かける場面

もっとも屋外で高品質で一定の丈夫さも見られ、印刷は一方向からで対応しただけで
裏からでも確認することが出来る点でも優れております。

のぼり旗の文字が表と裏で反転して見えるのも特徴的ですが、集客にはほとんど問題なく、
安価となるため利用されることが多い生地です。

京都のれんでもポンジー生地の依頼が多く、原稿データーを入稿するだけで
幅広く対応することができ、しかも大量生産にも適しているメリットが存在します。

キャンペーンやイベントなどのシーンで必要になった場合などでも依頼することができ、
他にも学園祭などの盛り上がりの演出でも利用することも可能です。

実際に生地を見たい場合には、店頭に行けば目撃できるので、制作のヒントにすることもできます。

絹素材の特徴について考える

絹といえば着物を思うかもしれません。意外なのが塩縮加工という加工法。

凸凹したテクスチャーをつけられます。
高級感のあるつや感が絹の特徴です。

艶やかな表面。なめらかな手触り。
こうした素材感を求めて絹が使われています。

その一方で、天然素材であるがゆえの扱いにくさもあります。
虫にくわれやすい。 水に触れると光沢が薄れてしまう。
なにせお手入れに手こずります。

手入れが難しい素材

最近では、こうしたデメリットを埋める化学繊維が登場しています。
ポリエステルやレーヨン、ちりめんとまったく遜色のないアムンゼン。

簡単に扱えて、絹のような見た目の生地を使うことで、
今まで絹ではできなかった用途にも使うことができます。
可能性が広がりますね。

ホーム セールの案内や営業中の案内ののぼり旗 のぼりのチチの位置は? 人間の目線よりも高く設置 のぼり旗ヒートカット のぼり旗のデザイン 価格相場 Rカットのぼり旗 応援用のぼり オリジナルオーダー 人手不足を補う 京都のれんでのぼりを製作 販促に活用 sitemap

NEXT

「縫製」へ→→→